スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 

Walking In The Air

みなさま
メリークリスマス



クリスマスというとボーイソプラノを私が連想してしまうのは、昔BSか何かで毎年ヴァチカンのミサを中継していた番組と、レイモンド・ブリッグズのThe Snowmanというアニメの中で圧倒されるほど印象的なこのシーンからくるのだろうと思っています。

人は、空を飛ぶ夢を見る派か、海(水)を泳ぐ夢を見る派、に分かれると聞いた事がありますが、本当なのかな。。。
ちなみに私はどちらも夢で見ましたが、空を飛ぶ方が多く内容もリアルでした。それが空夢派なら、そういう方にとってこの映画のワンシーンは、キューンと懐かしい感覚にさせてくれるのでは…?!
限りなく透明な歌声、Walking In The Air。いいストーリーにはいい歌がつきものです。

それにしても、クリスマスが過ぎるともう年の瀬。今年はホントにあっという間でした。このブログもかなり暫く放置プレーでしたが(失礼しました)、またぼちぼち書いていこうと思います。
music ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

Rachael Dadd



先日、Rachael Daddさんのライブに夫と行ってきました。彼女の紡ぎだす音の世界も映像もクラフトの感じもすごく好きな世界観なのでとても楽しみにしていたのですが、ライブに行けてほんとによかったです。彼女のお人柄も、とても可愛くて素敵でした!私はそこで、教会で録音されたCDを買ったのですが、パッケージは布製ですべて彼女のお手製。一つひとつ違う布と絵柄で、大変素敵だったので、大切にしようと思いました。グラフィックデザインの大切な部分を感じさせてもらえた気がします。

music ]
comments(2) : trackbacks(0) : 

愛だよ、愛。

先日、夫とBurt Bacharachのコンサートに行ってきました。
What The World Needs Now Is Loveで始まり、What The World Needs Now Is Loveで終わる、心に残る素晴らしいコンサートでした。今年で御歳80歳になられるBurt Bacharach。深〜く熱く、聴き手の心にストレートに浸透する素晴らしい音楽で、一番伝えたい事はシンプルに「The World Needs Now Is Love…」なんだなぁ〜って思ったし、このコンサートにはその愛が沢山溢れていたと思います。
歌詞とメロディーがカチッと合わさったとき(またはそういう人と人が出会ったとき…Burt BacharachとHal Davidみたいに)、音楽はすごいパワーを持つのですね。



後ろのダンサーのお姉さん達のように、恥ずかしがらずに皆が愛を振りまけば、きっと世界は変わる……はず。Let's try!



そして「alfie」…
Burt Bacharachにとって特別な歌なのでしょう。
愉しそうに、そして愛おしそうにピアノを弾きながら歌われていたのが、とても印象的でした。

music ]
comments(4) : trackbacks(0) : 

チュニック



なごみます。
懐かしい…
どこかの草原を渡る風の匂いがするような音と声。
と思ったら、帯にも同じような事が書かれてありました…
友だちのコレクションで初めて聴いた彼らの音。
木漏れ日がデザインされた白いシャツと供に
記憶の中の心地よい情景と、すんなり繋がりました。
music ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

即興



昨夜は夫がお世話になっている方々のライブが青山の曼荼羅であった。前回の「TIME & PLACES」は今年の2月、そのときの話を夫から聞いていたのでとても楽しみにして出かけた。青山の曼荼羅は前のブルーノートみたいで、広いし聴きやすくとても落ち着く空間、久々にアイリッシュのロックなどを頼んで、にやけたりして…。他のお客さんもテンションがじわじわ上がってきたあたりで、出演者の皆さまが登場。そして始まった音の世界は私の想像を方向的にも振り幅も、はるかに越えたものでした。
「即興」。。。あまり経験した事がないのでよく解らないけど、即興って、実は音楽家の性格や(体内)リズムや、ほんの少し先を読むチカラや人の思いを汲むチカラや、なんだか愛情や友情に近いものが、分かりやすく顕著に出るのだという事に気がつきました。例えるなら「会話」。会話は共通の言語を使うから伝わるけれど、単純に言葉だけでなく、間や空気や表情などから、その言葉の奥にある気持ちなどを想像しながら相手の気持ちを汲み合う。本当に大切なのは言葉ではなく違う所にある。一方的に自分の主張しかしないと、会話していても共通の深いところには行けない。そんな感じを音で表してくれる音楽なんだと思いました。
しかも人はいろんな「ゆらぎ」を持っていて、大いなる自然の一部だったんだなぁと改めて感じたのは、演奏が終わった後、まるで森や海や川などの自然に身を置いたときのように癒されたからです。すごいなぁ、人って。そして、音楽は面白いですね。
music ]
comments(2) : trackbacks(0) : 
CURRENT MOON
lunar phases